English
TOP > 業務案内 > FDAコンサルティング/米国規制 > Prop 65 (州規制) 対応

Prop 65 (州規制) 対応


Proposition 65とは

Prop 65カリフォルニア

Prop 65(Proposition 65)は、正式名称を「安全飲料水及び有害物質施行法 (Safe Drinking Water and Toxic Enforcement Act) 」という、カリフォルニアの州法です。本法の下、カリフォルニア州は発ガン性があるとされている、或いは出生時の障害や生殖に害をもたらす可能性のある化学物質のリストを作成しています。カリフォルニア州内でビジネスを行う企業は、対象物質に人間が晒される前に、「明確かつ合理的な警告」を与える義務があります。

Prop 65のイメージ

Prop 65の特徴は、企業がProp 65の定める義務を履行しなかった場合、公の機関だけでなく、民間団体や個人が違反した企業を訴えることができる点にあります。民間団体や個人による訴訟は和解金によって解決されることがほとんどで、その金額は2014年度の平均が4万4,467ドルと高額です。一方で、カリフォルニア州政府は有害化学物質のリストをしばしば変更するため、その動向を注視し、カリフォルニア州で販売される自社製品の対応を行うのはほとんど不可能といえます。

Prop 65コンサルタント用イメージ

グロービッツは、御社の製品がProp 65の有害化学物質リストに登録された化学物質を含むかどうかの調査、対象化学物質を含む場合の対応方法のコンサルティングを提供します。また、米国ロサンゼルスに拠点を置くコンサルティング会社として、Prop 65関連情報を常にモニタリングしておりますので、Prop 65規定に変更・更新があった場合には迅速にご連絡可能です。カリフォルニアでのビジネスパートナーとして、是非グロービッツをご選択ください。

※Prop 65規制に関するニュースレターも配信しております。

 
                              グロービッツへFDA戦略のお問い合わせ    グロービッツへFDA戦略のお問い合わせ
ページトップへ

copyright© all rights reserved by globizz

グロービッツコンサルティング FDA申請・登録コンサルティング/米国規制米国進出関連サービス市場調査ISO認証


米国本社:1411 W.190th St., Toyota Plaza #200, Gardena, California 90248, U.S.A

東京オフィス:〒107-0052 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ Global Business Hub Tokyo

大阪オフィス:〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-6,3F

神戸オフィス:〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島9丁目1番地 神戸医療産業都市 KIO

サンフランシスコ・サンノゼオフィス:1001 Bayhill Drive, 2nd Floor San Bruno, California 94066, U.S.A