English
TOP > 業務案内 > 米国進出コンサルティング > 企業買収(M&A)/業務提携

企業買収(M&A)/業務提携

米国での事業スタート時にノウハウが社内に不足している場合には企業買収や業務提携を行うことによって現地のノウハウ、ネットワークを獲得することが可能です。しかし、実際には買収、提携する際に知っておかなければならない法律・規則・ルール・慣習などがあり、事前に社内で漏れなく把握することは難しいのが現実です。

企業買収後の問題点

日米間による企業買収のイメージ

また買収が成立した後でさえも買収企業と被買収企業が、日米の文化の差異や言葉の壁、つまり、非常に異なる企業文化を持っているという事実に焦点を当てることはほとんどありません。その結果、お互いの経営を統合することができず、十分な相乗効果を得ることができないことが多くあります。

 

グロービッツは日米の企業文化の違いを認識し、経営者の視点でリスク回避のアドバイス、経営統合に関するノウハウの提供を致します。

                              グロービッツへFDA戦略のお問い合わせ    グロービッツへFDA戦略のお問い合わせ
ページトップへ

copyright© all rights reserved by globizz

グロービッツコンサルティング FDA申請・登録コンサルティング/米国規制米国進出関連サービス市場調査ISO認証


米国本社:1411 W.190th St., Toyota Plaza #200, Gardena, California 90248, U.S.A

東京オフィス:〒107-0052 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ Global Business Hub Tokyo

大阪オフィス:〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-6,3F

神戸オフィス:〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島9丁目1番地 神戸医療産業都市 KIO

サンフランシスコ・サンノゼオフィス:1001 Bayhill Drive, 2nd Floor San Bruno, California 94066, U.S.A