English
TOP > 業務案内 > FDAコンサルティング/米国規制 > 米国EPAコンサルティング

米国EPAコンサルティング


EPAとは?

米国環境保護庁のイメージ

米国EPA(米国環境保護庁: Environmental Protection Agency)は日本の環境省にあたる政府機関です。化学物質・製品が大気、水質、土壌などに影響を及ぼす場合は、EPA所轄となり、EPA許可、登録及び準拠しているかを問われます。

また、EPAに係わる基準を更に厳しく取り締まっている州も存在します。例えば、カリフォルニア州(CARB : California Air Resources Board)では、揮発性有機化合物の含有基準値をEPAよりも低く設定しています(製品毎に異なるため、確認は必要です)。

アジアからの物流拠点となっているロサンゼルスでビジネスを行う場合、EPAだけで無く、カリフォルニア州(CARB)規制への準拠も必要となります。

米国EPAに関する課題、リスク

米国EPAのイメージ

日本企業が陥りやすい失敗例としては、殺菌効果を謳った家庭用品や病院用の殺菌剤を未登録のまま販売してしまうケースがあります。通関時、あるいは運良く通関した後で、EPAに取り締まりを受け、罰金を課されるケースも存在します。これらのリスクを取り除くため、事前にEPA登録の必要性を検討し、必要な場合には登録を行うことが重要です。

グロービッツではEPAに関する事前相談や申請サポートを行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

米国EPAの対象製品

米国EPA対象製品に関する問い合わせイメージ

規制対象は殺菌剤、農薬、殺虫剤、除草剤、化粧品(特にスプレータイプ)、揮発性有機化合物、発がん性物質、自動車関連製品、電気製品など幅広い

 
                              グロービッツへFDA戦略のお問い合わせ    グロービッツへFDA戦略のお問い合わせ
ページトップへ

copyright© all rights reserved by globizz

グロービッツコンサルティング FDA申請・登録コンサルティング/米国規制米国進出関連サービス市場調査ISO認証


米国本社:1411 W.190th St., Toyota Plaza #200, Gardena, California 90248, U.S.A

東京オフィス:〒107-0052 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ Global Business Hub Tokyo

大阪オフィス:〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-6,3F

神戸オフィス:〒650-0045 兵庫県神戸市中央区港島9丁目1番地 神戸医療産業都市 KIO

サンフランシスコ・サンノゼオフィス:1001 Bayhill Drive, 2nd Floor San Bruno, California 94066, U.S.A